北見地方きのこの会 2018年度活動状況


 

平成30年度(2018) 定期総会を開催

 

平成30年度「北見地方きのこの会定期総会」が開催されました。

前年度の事業報告&収支決算報告は承認されました。

「会則」の一部変更が報告され了承されました。

 

今年度の事業計画&収支予算案についても承認されました。

 

なお、役員の改選等は今年度はありません。

会員の動向が報告され、現在の会員は88会員で、家族会員は

その内26会員となっています。

 

総会終了後は、懇親会が開催され、楽しい時間を過ごすことが

できたようです。

 

※事業計画は以下に記載しました。(総会時点での計画)

 2018年の事業計画は以下のとおりです。

 

    *きのこ採集会

    ・ 8月26日(日)阿寒方面(勉強会)         市民会館 08:00出発

    ・ 9月  7日(金)阿寒方面(中毒予防展用)      市民会館 08:00出発

    ・ 9月  8日(土)仁頃山富里湖付近(中毒予防展用)  保健所前 08:10出発(現地は9時集合)

    ・ 9月14日(金)阿寒方面(展示会用)         市民会館 08:00出発

    ・10月18日 (木) 阿寒方面(菊まつり展示用)     市民会館 08 : 00出発 

    ※採集会、各種行事については、事前に一括してハガキにて出欠確認を行います。

 

    *第29回きのこ中毒予防展 9月09日(日) 中央プロムナード(北見駅跨線橋南口) 10:00~16:00

  *第9回北見市緑のセンターきのこ展示会 9月15日(金)~9月17日(日) 北見市緑のセンター

  *第66回菊まつり会場 きのこ展示 10月19日(金)~28日(日) 10日間 菊まつり会場内  

 

   =====きのこ採集会について=====

  ・集合(出発)地からは乗り合わせにて現地へ向かいます。(燃料費等は個々の負担となります) 

  ・会として保険には加入しませんので、くれぐれも安全運転でお願いします。   ・出欠確認は事前にハガキ等で行われます。         

  ・諸注意事項は現地にて改めて連絡させていただきます。            ・昼食等は各自持参してください。(昼食後に現地解散となります)


北見地方きのこの会 2017年度活動状況



 

  ******2017年の締めくくり******

 

  2017年の行事も全て終了しました。

 活動の報告と親睦を兼ねて恒例の「平成29年度反省会」が

 11月25日(土)「むつみ会館」に於いて開催されました。

  今年も5回の採集会、3度の展示会を行いましたが、キ

 ノコが不作で展示品の確保にも苦労しましたが、会員及び

 関係者の協力により、無事に実施することができました。

 今年度は新たな会員の加入も相次ぎ、11月10日現在で82会

 員となっております。

  森会長をはじめ35名の会員が集い、楽しいひとときを過ご

 しました。来年度も会員にとって、キノコにとって良い年で

 ありますように・・・合掌。



第65回「きたみ菊まつり」会場内展示

 

今年は場所も少し移動しましたが、テント内展示は変わりなく、

今回も狭い場所での展示を余儀なくされました。

開催日は10月20日~29日で、日程が短縮になりました。

開催前日の採集会では過去最悪か?と思われるほど、種類も量

も少なかったのですが、会長はじめ会員の努力により何とか格

好がつき、一安心といったところです。

開始直後の23日には大雪となり驚かされましたが、その後は好

天となり人出も順調に増えたようです。

後半週末の土・日は隣接の「ハロウィンフェスティバル」の恩

恵も加わり、たくさんの人でにぎわいました。

 

最終日は人気の『きのこ汁』が販売されましたが、今年も大好

評で200杯が売り切れとなりました。

 

※下の写真で左上2枚は10/19採集会の様子です。(写真は拡大可)



2017年度 北見市緑のセンター きのこ展示会

 

2017年9月16日(土)~18日(月・祝)の三日間、北見市緑のセンターに於いて第7回の展示会が行われました。

開催前日の採集会は雨に祟られ、成果は今ひとつでしたが、会員有志が事前に保管していたキノコも加わり、150種程を展示することができ、なんとか格好がつきました。

最終日18日は台風18号の影響で雨・風ともに強まったため、来場者もまばらでしたが、開始から二日間は来場者・鑑定依頼も順調に推移しました。

今年は例年とキノコの出具合も異なり、いつも展示できていたキノコがまったく出ない事例も相次ぎました。

残るイベントは1ヶ月後の「きたみ菊まつり」の展示ですが、少しでも多くのキノコが採集できることを願うのみです。

会員の皆様、どうもお疲れさまでした。

 



 

  ==見る・知る・食べる キノコ中毒予防展== 

 

『第28回キノコ中毒予防展』が6月10日(日) 北見駅併設のプロムナードにて開催されました。

 6月8日・9日に採集したキノコが会場に展示され、市民に公開されました。

 昨年に比べ、キノコの出が異常に少なかった中での開催となりましたが、事前に保存していた

 キノコなどで補い、なんとか格好がついたようで安堵しました。

 当日は早朝から作業に追われましたが、多くの会員の協力もあり早めに準備も完了しました。

 10時には開会式も行われ、協賛いただいた各団体よりの祝辞もいただき、スタートです!

 

 11時過ぎには来場者へ「きのこ汁」も振る舞われ、立ち寄った人たちに笑顔がこぼれます。

 6時間の展示でしたが、多くの市民の方に見ていただけたようです。

 今年も皆様のおかげをもちました、無事終了しました。

 



     2017年 2回め及び3回目の『採集会&勉強会』が行われました。

  6月10日に開催される『キノコ中毒予防展』に展示するキコノを確保するべく、6月8日(金)は阿寒方面にて13名の参加、6月9日(土)

 は富里ダム周辺に於いて35名ほどが参加して採集会・勉強会が行われました。(6月9日は一般市民も参加)

  近年になくキノコの出が良くないようで、阿寒でも富里でも収穫が異常に少なく展示への支障も心配されるほどでした。

 幸い展示用に保存していたキノコもあったため、なんとか格好がつきそうで安心しました。

 6月9日の採集会では「北海道きのこの会」から会長と事務局長も参加をいただき、キノコの解説なども行われました。

 キノコの収穫は少なかったものの「勉強会としての収穫」は大いにあったようです。

  富里ダム湖の休憩所では、恒例の「きのこ汁」も振る舞われ、楽しい時間を過ごすことができました。

  ※大物のハナビラタケも見つかりました。予防展での目玉になりそうです。           写真は拡大できます。



     2017年 最初の行事である『きのこ採集会:勉強会』が行われました。

 昨年はスタートから雨に祟られましたが、今年は絶好の「きのこ狩り日和」でした。

 この日は会員およそ30名が8時までに集合し、車に分乗して現地に向かいました。

 お天気は絶好調だったのですが、まとまった雨も無かったためか、キノコの出が悪かったようです。(写真拡大可能)

 少ないなりにも採取したキノコを持ち寄って並べていきます。一番の大物は「モミタケ」でした。(写真二番目下側のキノコ)

 その後、会長から主なキノコの特徴等の解説があり、皆さん真剣に聴き入っていました。(勉強会ですので...)

 お昼にはお楽しみ「お弁当タイム」です。自慢の手料理や漬物などが持ち込まれお互いの味見も恒例です。

 こうして、第一回目の行事は無事終了しました。次回からは展示のための採集会となります。


2017 年 度 定 期 総 会 開 催


2017年度定期総会が3月18日(土)に開催されました。

 

事業計画及び予算が全会一致で承認されました。

なお、今年度は二年に一度の役員改選の年になります。

新役員は次のとおりです。(敬称略)

 

 長年会長を務めてこられた三澤会長が退任し、

 新会長には『森 晃』が就任しました。

 副会長には菊池誠、佐川安央、小島英明

 事務局長には木村豊

 

 以上が選出されました。

 

※三澤前会長及び佐藤前副会長については

 相談役として指導に当たっていただきます。

 

※2017.3月現在の会員数86会員(内家族会員26)

 2017年の事業計画は以下のとおりです。

 

    *きのこ採集会

    ・ 8月27日(日)阿寒方面(勉強会)         市民会館 08:00出発

    ・ 9月  8日(金)阿寒方面(中毒予防展用)      市民会館 08:00出発

    ・ 9月  9日(土)仁頃山富里湖付近(中毒予防展用)  保健所前 08:10出発(現地は9時集合)

    ・ 9月15日(金)阿寒方面(展示会用)         市民会館 08:00出発

    ・10月19日 (木) 阿寒方面(菊まつり展示用)     市民会館 08 : 00出発 

    ※採集会、各種行事については、事前に一括してハガキにて出欠確認を行います。

 

    *第28回きのこ中毒予防展 9月10日(日) 中央プロムナード(北見駅跨線橋南口) 10:00~16:00

  *第8回北見市緑のセンターきのこ展示会 9月16日(金)~9月18日(日) 北見市緑のセンター

  *第65回菊まつり会場 きのこ展示 10月20日(金)~29日(日) 菊まつり会場内  

 

   =====きのこ採集会について=====

  ・集合(出発)地からは乗り合わせにて現地へ向かいます。(燃料費等は個々の負担となります) 

  ・会として保険には加入しませんので、くれぐれも安全運転でお願いします。   ・出欠確認は事前にハガキ等で行われます。         

  ・諸注意事項は現地にて改めて連絡させていただきます。            ・昼食等は各自持参してください。(昼食後に現地解散となります)

 


北見地方きのこの会 2016年度活動状況



2016年 きたみ菊まつり『キノコ展示』が無事終了しました。


 

2016年度最後の行事となる『きたみ菊まつり』でのキノコ展示が

10月21日から始まりました。

今年は日程も縮小し、10月31日までの11日間です。

 

会員が苦労して集めた天然のキノコが100種ほど展示されました。

今年は予算縮小の煽りで、スペースはテント一張分のみです。

昨年までの半分にも満たないので、展示に苦労しました。

 

その上、電気(照明)も暖房も無しのオマケ付き。

12月並の寒気の中であったため、間もなくストーブは設置されました。ただ、中が狭いため、10人も入ると身動きが出来ない状態です。

足元も悪く、デコボコ地面にコンパネを敷いたテント内は、車椅子で周るのも容易ではなく、ご迷惑をかけてしまいました。

 

 

 

ご覧の通り、来場者が一列になって動かなければならない有様。

 布テントですから、写真の掲示もできませんでした。

 

それでも天然のキノコを知ってもらう目的はなんとか達成できた

 と思っています。

 

多くの人達に丁寧に説明を繰り返してくれた会員諸氏に感謝。

 

そして展示期間中に新鮮なキノコを採ってきた会員にも感謝。

 落ち葉で見えなくなった山を探し歩いて貴重なキノコを持ち寄

 ってくれました。お陰で干からびたキノコと入れ替えができま

 した。

 

10月30日の日曜日には『恒例のきのこ汁』を販売。

 

 今回は1杯100円で200杯限定としました。

 11時からチケット販売の予定でしたが、早々と行列ができたので、

 10時半過ぎには販売を開始、いつもより早く完売です!

 

 今回は16種のキノコが入っており、味も大好評!

 コレが目的で来場したお客様も少なくなかったようです。

 

 準備、調理、当日お客様対応、お疲れさまでした。

 

 こうして無事、11日間の展示を終えることができました。

 



 

2016年最後の採集会は、なんと雪模様!

 

 菊まつり直前の採集会は、まずまずのお天気でしたが、

 キノコを持ち寄ってシートに広げようとした時点で雪模様へ。

 

 やむなく早めに切り上げ、相生の道の駅で車を停めて

 お弁当タイムとなりました。

 

 やはり10月下旬ともなれば、枯れ葉が多く探すのも苦労です。

 それなりの収穫でしたが、初のテント内展示なので、どの程度

 展示が可能か見えない部分もありました。

 

 

 

 ブルーシートにキノコを並べようとした時に、突然降ってきたのは・・・

 なんとヒョウ(雹)でした。

 あっという間にシートの上は氷の粒でいっぱいに。

 こんなことは始めてでしょうね。


 

 

 

 

 

 

 

 

2016年度『中毒予防展』が北見市緑のセンターで開催されました。

 

今年度は9月23日(金)~9月25日(日)の三日間です。

過日会員が採集したキノコや新たに持ち込まれたキノコが展示されました。

 

全部で200種近いキノコ整然と並びました。

一番手前には「マツタケ」が鎮座しています。

 

会員が交替で来場者への説明も行いました。

 

普段食べ慣れたキノコから猛毒のキノコまで多種多様です。

 

期間中、多くの人が来場しキノコへの関心を深めたことでしょう。

 

 

今回も一般の方が持ち込むキノコの鑑定が行われました。

 特に最終日は好天に恵まれたこともあり、多くのキノコが持ち

 まれ名前や食べられるか否かの判定を受けていました。

 残念ながら名前が判明しないキノコもありました。

 

現在は7-8,000種もあると言われるキノコですが、名前が付いてい

 るキノコはわずかに2,000種ほどに過ぎません。

 

何十年というベテランでも判定できないキノコも多いものです。

 また、生える環境や育つ過程により姿も異なることが、判定を難

 しくしているのです。

 

 キノコ菌の奥が深いことを再認識する時です。


 

 9月22日(木・祝)、今年4回目のキノコの採集会が行われました。

 今回は初参加を含め35人ほどの大人数でした。

 ようやくお天気に恵まれた!と感じました。

 

 

 約90分の時間制限はありますが、周辺にキノコを求めて。

 11時に再集合し、採集したキノコをブルーシートに並べます。

 

 主だったキノコを取り上げて、きのこの会のベテランが解説。

 食べられるキノコは一部を展示用に残して持ち帰りました。

 

 

 この段階で全部の種類を把握できません。

 翌日からの展示場所に備え、準備の段階で分別します。

  

 

いつもと同じように、キノコを片付けた後はお弁当タイム。

 

お弁当やおかずを広げてキノコ談義に花が咲きます。

たくさんのおかずや漬物、お菓子も回ってきました。

 

今回はお天気もまずまずで、ここでランチタイムが取れました。

(1回目、二回目雨で中止となりましたので)

 

楽しいお弁当タイムが終わり、現地にて解散しました。

 

午後2時半頃からは「北見市緑のセンター」にて展示会の準備が

始まりますお疲れのところご苦労様です。


 

2016年9月11日(日)北見駅跨線橋南の「中央プロムナード」に於いて

『キノコ中毒予防展』が開催されました。

 

前日の富里湖周辺で採集したキノコや、会員が保管していたキノコ

を種類別に区分・展示しました。キノコの鑑定会も行われました。

「キノコによる食中毒を予防する」ことが目的です。 

 

 

 

食べられるキノコ、毒キノコ、珍しいキノコ・・・

名前が不明のキノコを含め250種ほどが勢揃いです。

 

めったにお目にかかれない巨大な『オニフスベ』も展示されています。

(手前の二人の間にある白いクッションのようなキノコ)

 

11時からはお馴染みの『きのこ汁』も来場者に振る舞われました。

 


2016年度1回目(8/21)及び2回目(9/9)の行事(採集会&勉強会)は、

雨により中止となりました。台風等の影響もあり安全を第一に考慮した結果です。

 

 

 

第3回目となる9月10日の採集会は前日の雨も上り、曇り空ながら

一般市民を含む40名ほどが仁頃山の麓・富里湖の駐車場に集合しま

した。2時間弱の間にそれなりの数が集まったようです。

 

持ち寄ったキノコを、「北海道きのこの会」から参加した会長及び事務局長による鑑定会も行われ解説も聞くことができました。

その後はお楽しみの「お弁当&きのこ汁」をいただきます。

 

 

 

 

 

 

 

きのこ汁は会員が採集した12種類のキノコが入っています。

 

持ち寄ったお弁当と合わせて、おいしくいただきました。



2016年度総会が終わりましたが、会としての活動は8月からです。

 

待ち遠しいですが『キノコ菌』は既に活動を開始しています。

雪解け時期から「ユキノシタ(エノキタケ)」は出ています。

8月までの間は近くの森や公園でも様々なキノコが出ますので、

是非観察(採取)してみてください。

 ***必要な分だけ取りましょう。毒キノコ・不要だからといって

             蹴飛ばしたりしないで下さいネ、

   キノコは森のサイクルを維持するために必要不可欠なものです***

 

よくわからない方は市販の図鑑やインターネットで特定可能ですが、

食べるのは保健所の鑑定等で安全を確認してからにしましょう。

※このホームページ掲示板では鑑定しておりません。

 

 

【写真はユキノシタ2015.11撮影】


  2016年度総会が3月19日に開催され、事業計画・予算等が承認されました。

  (※役員は二年毎改選のため、三澤会長以下 全員留任となります)

   *2016年3月現在会員数 82名 (内、複数登録家族会員 25名)

 

  今後の事業計画は以下のとおりです。

 

   *きのこ採集会

    ・8月21日(日)阿寒方面(勉強会)         市民会館 08:00出発

    ・9月  9日(金)阿寒方面(中毒予防展用)      市民会館 08:00出発

    ・9月10日(土)仁頃山富里湖付近(中毒予防展用)  保健所前 08:10出発(現地は9時集合)

    ・9月22日(祝日・木)阿寒方面(展示会用)      市民会館 08:00出発

    ・10月20日(木)阿寒方面(菊まつり展示用)      市民会館 08 : 00出発

    ※再集会、各種行事については、事前に一括してハガキにて出欠確認を行います。

 

    *第27回きのこ中毒予防展 9月11日(日) 中央プロムナード(北見駅跨線橋南口) 10:00~16:00

  *第7回北見市緑のセンターきのこ展示会 9月23日(金)~9月25日(日) 北見市緑のセンター

  *第64回菊まつり会場 きのこ展示   10月21日(金)~10月31日(月) 菊まつり会場内

 

=====きのこ採集会について=====

  ・集合(出発)地からは乗り合わせにて現地へ向かいます。(燃料費等は個々の負担となります) 

  ・会として保険には加入しませんので、くれぐれも安全運転でお願いします。   ・出欠確認は事前にハガキ等で行われます。         

  ・諸注意事項は現地にて改めて連絡させていただきます。            ・昼食等は各自持参してください。(昼食後に現地解散となります)

 


2015年度活動状況


 

2015年度 最後の行事「菊まつりきのこ展」が始まりました。

 

第63回きたみ菊まつり会場内展示のスタートです。

2015年10月15日(木)~11月1日(日)まで18日間の長丁場です。

 

前日の採集会が「成果無し」で、展示するキノコが揃うのか

心配しましたが、こんな時に底力を発揮するのはベテラン組。

近郊の山から各々が集めてきたのです。感謝、感謝!

 

無事に菊まつりのスタートに間に合いました。

例年より少しは少ない感じもしますが、この時期にしてはよく

集まったとも言えるでしょう。

 

心配は...展示期間終了まで、キノコの姿を保ってくれるか。

補充に努めつつ、知恵を絞って最後まで頑張ります!

 


会場内は近隣の山から採取した多くのキノコ、キノコの写真、

山の果実などで埋めつくされています。


菊まつりに訪れた人たちが展示のキノコを熱心に見ています。

「北見地方きのこの会」の会員が質問に答えていきます。

近隣町村はもちろん、道内各地、本州から、海外からの観光客

も珍しそうに眺めていました。


これほど多くの種類が採れることに、感心する人が多いですね。

馴染みのキノコは?...毒キノコは?...え!松茸も採れるの?

自然界のキノコの存在を改めて認識する瞬間です。



 

 

 10月31日(土)には、恒例の「きのこ汁」が振る舞われました。

 

近郊で採れた20種類のキノコが入った味噌汁です。

 

午前11時から限定200食は早々に売り切れました(@¥200)。

 

※試食した結果は「絶品!美味!」でした。

 

毎年、これを楽しみに来られる方もいるほどです。

 

また、来年のお楽しみ!

 

 

 こうして、今年の菊まつり会場内展示も終了しました。


苦労してキノコを確保して下さったメンバーに感謝!

 

 

今年の「キノコ採取&展示」に関する行事は終了です。




2015年10が14日(水)は今年最後の採集会です。


この日に採取するキノコは明日から始まる菊まつり展示用。

ところが...山から戻った会員からは「ダメだ!無いワ」の声。

かく言う私(管理人)も手カゴの中は、初体験の空っぽ!

久しく雨が降っていないことも影響したのでしょうか?


いつもはびっしりと並ぶキノコも、この日は隅に少しだけ。

アッという間に鑑定も終了してしまいました。


さてさて、菊まつりの展示会はどうなることやら・・・

会長はじめ、会員もちょっと心配になったほどでした。


とにかく、今年最後の採集会は無事終了したのでした。



いつものように、きのこ採取・鑑定の後は・・・

お楽しみ、みんなでランチの時間です。

この日はお天気が良かったので、持参したお弁当などを

ゆっくりといただくことができました。


この日も、持ち寄ったオカズや果物などが回っていました。

お腹いっぱいで幸せそうな顔、顔、顔・・・


きのこ採りで一番交流が深まる場ですね。



2015年9月26日(土)~9月27日(日) 北見市緑のセンター展示会

 

採取したキノコを元に、緑のセンターで展示会を開催しました。

当日は朝から名前を付けたり、写真を展示したりと大忙し。


気のせいか、昨年よりは少し少なめなキノコの種類でした。

今年は気候が安定せず、例年と時期がずれたりすることもあり、

山へキノコ採りに入っている会員も苦労したようです。

 

二日間にわたり、キノコの展示及び持ち込みキノコの鑑定などを

実施し、無事に終えることができました。


2015.9.25(金) 阿寒にてきのこ採集会が行われました。

 

天気にも恵まれ、20名ほどの会員が山に入りました。

この日採取のきのこは、翌26日~27日に行われる「北見市緑の

センター展示会」に使用するものです。

しばらく雨が降っていない影響か...成果は今ひとつでした。

 

いつものように採取のキノコを鑑定し、展示用に新聞紙に包み

ダンボールに入れて搬送します。

 

その後は、お楽しみのランチタイムです。

毎度おなじみ、自慢のおかずや漬物、果物などがグルグル回り

お腹がいっぱいになりました。

 


 

2015年9月13日(日) 『キノコ中毒予防展』開催

 

 北見駅隣接の「中央プロムナード南口」で開催しました。

 きのこを少しでも知ってもらい、きのこによる食中毒を予防する

 ことを目的としています。

 

 会場には種類を特定したキノコ約160種を含め、全部で200

 種類ほどが展示され、来場した一般市民も熱心にキノコを観察し

 ていました。

 

 主催;きのこ中毒予防展実行委員会(統括:北見保健所)

      北見地方食品衛生協会・オホーツク獣医師会・北見地方きのこの会にて構成

   [ 共催;北見保健所・北見市・北見地方魚菜買受人組合・㈱マルキタ ]



展示は「きのこ名」と適食かどうかが明示されています。

「ボリボリ」や「ラクヨウ」などお馴染みなものを含め、

猛毒「テングタケ科」のキノコ、珍しいキノコもたくさん

並びました。


恒例の「きのこ汁」に舌鼓を打つ親子や、腹ペコな学生等

たくさんの方々が秋の味覚を楽しまれました。


小雨降る1日でしたが、無事開催することができました。



2015年9月11日~12日に「きのこ採取会」を実施しました。


*9月11日(金)は阿寒方面で参加者は約20名でした。

  小雨の中での採取でしたが、まずまずの収穫です。


*9月12日(土)は市郊外の富里森林公園で実施、一般市民を加え

  総勢45名で実施しました。

  お天気にも恵まれたくさんのきのこが集まりました。

 「北海道きのこの会」にも鑑定のご協力をいただきました。


※写真は9月12日の富里森林公園での採取会の様子

 



 ※写真は9月12日採取会での様子。


左上=9時に集合し参加者への諸注意を連絡


右上=図鑑も参考にしながら鑑定を進めます


左下=鑑定が終わり「きのこ汁」でランチタイム


右下=10種類以上が入る「きのこ汁」は大好評


 

2015年8月23日(日)今年第1回目の行事である「きのこ採取&勉強会」が阿寒の森にて行われました。

参加者は32名、シーズンイン間もないためか成果としては物足りなかったかもしれませんが、多種多様なキノコが並びました。

会長による主なキノコの解説や、図鑑での照合も行いました。

鑑定&勉強会の後はお待ちかねのランチタイム。

それぞれ持ち寄った自慢のオカズがグルグル回ります。

曇り空で時折小雨の降る天候でしたが、無事に終了しました。

 

※写真右=会長(中央)から主なキノコの解説が行われます。

 【下欄の写真解説】

 写真左上=持ち寄った図鑑で名前の確認をしています。

 写真右上=車座になってのランチタイムです。

 写真下=採取したキノコをシートの上に並べて鑑定&勉強会です。


2015年8月6日(木) シーズンを前に役員会が開催され、今年の行事の確認等が行われました。

 *9月13日の「きのこ中毒予防展」の場所が北見駅跨線橋裏手の「中央プロムナード」に決定しました。

 *きたみ菊まつりの開催期間が変更になったため、きのこ採取日及び展示期間も変更になります。

  最後の採取日は10/14(水)となり、菊まつり展示期間は10/15(木)~11/01(日)の18日間で決定しました。

 ※下の赤字の行事欄は既に訂正してあります。

いよいよキノコシーズン幕開けです。今年もたくさんのキノコが採れることを期待しましょう!


2015年3月21日(土)、定期総会が開催されました。

新たな会員も加わり、会員数は現在78家族になっています。

今後の事業計画は以下のとおりです。

 

*きのこ採集会

 ・8月23日(日)阿寒方面  市民会館 08:00出発

 ・9月11日(金)阿寒方面  市民会館 08:00出発

 ・9月12日(土)富里湖付近  保健所 08:10出発(現地は9時集合)

 ・9月25日(金)阿寒方面  市民会館 08:00出発

 ・10月14日(水)阿寒方面   市民会館 08:00出発

*第26回きのこ中毒予防展  

  9月13日(日) 中央プロムナード(北見駅跨線橋南口)

*第6回北見市緑のセンター展示会 

  9月26日(土)~9月27日(日) 北見市緑のセンター

*第63回菊まつり協賛 第17回きのこ展・写真展

  10月15日(木)~11月1日(日) きたみ菊まつり会場内

 

=====きのこ採集会について=====

  ・集合(出発)地からは乗り合わせにて現地へ向かいます。(燃料費等は個々の負担となります) ・出欠確認は事前にハガキ等で行われます。

  ・会として保険には加入しませんので、くれぐれも安全運転でお願いします。          ・昼食等は各自持参してください。(昼食後に現地解散となります)

  ・諸注意事項は現地にて改めて連絡させていただきます。



※2014年度の活動の一部です。


 

2014年8月に実施の「キノコ採集兼勉強会」の様子です。

 

採ってきたキノコを並べて名前などを判別します。(勉強会です)

 

 食べられるものは、それぞれ持ち帰ります。

 

何度も採っているとだんだん名前がわかるようになりますね。

 

一段落ついたら、お待ちかねのランチタイムです。

 

 それぞれ持ち寄った自慢のおかずが並びます。




 

 

2014年9月のキノコ採集会の様子です。

 

後日、展示会があるので形の良いものを選定し保管します。

 

この時は例年より収穫量が少なめでした。

 

 一般市民の参加もありましたので、老若男女で賑わいました。

 

 親子での参加は家族の絆を深めるにはもってこいですね。

 

ランチタイムには恒例の「きのこ汁」が振る舞われました。


 

 

                  2014年9月の「きのこ展」の様子です。

 

                   北見市緑のセンターにて行いました。


  

2014年最大の行事である「北見菊まつり」会場での展示会です。

 

全部で190種類ほどのキノコが並びました。

 

会場では会員が説明や鑑定を行っています。

 

菊まつり開催に合わせるので、2週間超の長丁場。

 

 もちろんキノコは生物ですから、長持ちしません。

 

 途中で入れ替えや補充が必要になります。

 

 会員が山を歩きまわり、補充に努力しています。